なりたてフリーランサーの仕事を受ける時の心構え

働き方

こんにちは。
フリーランスデザイナーのIKUE(@198_note)です。

フリーランスになったばかりで経験値が少なく、自分の実力にまだ自信が持てないまま、はじめての案件を引き受ける方も少なくないと思います。

  • 私で良いのだろうか……
  • いいものが出来上がるだろうか……
  • 失敗したらどうしよう……

と、はじめての仕事なだけにプレッシャーも感じて当然。

今回は、フリーランスになりたてでも自信をもって仕事をしていけるように、私の中にある心構えをお伝えしたいと思います。

それでは、どーぞ!

仕事に対しての基本スタンス

経験値が少なくても、仕事をいただいて納品するまでに目指す設定値は120%
100%ではなく120%くらいの気持ちで自己ベストを尽くすこと
これが大事だと思っています。
このことを踏まえて次のお話をしますね。

例えば「美容師」と「お客様」の関係

私は、同じ美容院に通っている時に「デザイナーとお客様」も「美容師とお客様」の関係に似ていると感じたことがあります。

なぜなら、同じ方に担当してもらい続けた場合、はじめての時より回数を重ねた頃の方が、より自分らしいヘアスタイルになっていると思ったことがあるからです。


2回目以降回数を重ねるごとに、

  • 髪質が改善される
  • 遊び心がある
  • スタイリングしやすい

など、より良い変化がありました。
また、

  • ヘアスタイルの好み
  • 髪質・クセ

などが美容師さんに伝わることで、自分のカルテができていきます。

実際に美容師さんの仕事はわからないので、想像ですが「この人の髪にはこんな傾向がある」と知ってもらえているのと知らないでは、カラーリングひとつとっても多少でも違いが出る気がするんですよね。

デザイナーも一緒で、回数を重ねるごとにお客様の

  • 気にかけている点
  • こだわり
  • 好み

などが分かっていきます。

初回の打ち合わせ時にどれだけ引き出せるかにもよりますが、実際の感触は仕事をしてみないとわからないことも多いです。なので、初回だけでは汲み取りきれないことがあって当然。
相手の要望を汲み取るスキルも経験してなんぼです。

諦めている意味ではありません。
はじめにお伝えした基本スタンス120%にしている上で
汲み取りきれないこともある。という感じです。

回数を重ねることが大事で、前回よりももっと良いものを……とはじめは自己ベストを更新していく気持ちで仕事と向き合っていれば、私は正解だと思います。

2回目以降の仕事につなげていくには、仕事の仕上がりももちろんですが、押さえておきたい点がもう一つあります。

仕事内容より人柄重視の場合も

先ほどの美容院を例にします。

もう一度同じお店を選ぶ時、ヘアスタイルの仕上がりの他

  • 話が面白かった
  • 距離感が良かった
  • 丁寧だった
  • 居心地が良かった

など……「なんか良かったな」と思えると「またお願いしようかな……」となりませんか?

仕事内容・仕上がりももちろんですが、人柄も大切
今は特に「誰とどんな仕事がしたいか」が重要視されている気もしています。

  • レスポンスが早い
  • 話しやすい
  • とにかく明るい

など相手にとって仕事がしやすい印象をもってもらうことも、仕事のうちなんじゃないかなと思います。

そういえば
「フリーランスのデザイナーは営業力が必要だよ◎」
とアドバイスをくれた先輩がいました。

まとめ

身の丈以上の案件は控えた方がお互いのためですが、少し無理をすれば大丈夫な範囲(自己判断を間違えないように)はどんどん引き受けて経験値を増やしていくのをオススメします。

相手に迷惑をかけてしまったり、期日に間に合わなかったりするのは絶対ダメです。
なので少しでも不安や気になっていることがあれば、すぐにお客様に相談しましょう。

お客様への相談が恥ずかしかったり、気まずいと思う方もいるかもしれませんが、後から迷惑をかけてしまうより全然マシです。

2回目に繋がらないこともありますが、そんな時は
「新しい経験ができた」と割り切って、次!

自己ベスト更新を常に目指していきませんか〜。

最後までありがとうございました。
それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました