息抜きってどうやるの……?仕事が辛くなったら習い事をはじめて自分の時間を作ってみてほしい

働き方

こんにちは。
フリーランスデザイナーのIKUE(@198_note)です。

デザイナーになってから4〜5年経ってくると、仕事内容にも慣れてきます。
気づいたら、上司にも部下にも頼られる立場に成長!
モチベーションも上がって、嬉しいですよね。

でもそのうち、

  • 自分の仕事以外にもやることが増える
  • 帰宅時間が遅くなる
  • 睡眠時間が減る
  • 休日はひたすら寝て過ごす

と……だんだん自分の時間がなくなっていく経験はありませんか?

今日は

  • 気づけば仕事しかしてない
  • 家に帰っても仕事が頭から離れない
  • 仕事が正直しんどい
  • このままじゃ仕事やめたいかも

と、仕事にストレスを感じている方へ、仕事の息抜き方法をご提案したいと思います。

仕事を長く続けていくには、息抜きも大事。
これは、このブログで伝えたいことの一つでもあります。

「たまには息抜きも必要だよ!」って
いうから、飲んだり話したりで、
息抜きしてるハズなんですけどね。。。

私の場合になりますが、この方法で仕事とのバランスが取れるようになりました。
なので是非ご紹介させてください。

それでは、どーぞ!

今すぐはじめて!好きな習い事

仕事のストレスを、どうしたらいいか分からなくなったら
試してほしいことがこちら

  • 習い事をはじめる

です。

好きなジャンルのワークショップに参加するでもいいと思います。

習い事をはじめてほしい理由

なぜ、習い事をオススメするのか?というと

  • 仕事と関係ない環境に身を置ける
  • 仕事と関係ない新しい友達ができる
  • 仕事と関係ない時間ができる

からです。

なぜ、仕事と関係ない環境新しい友達時間がオススメなのか?というと……
結局、今の状態を変えない限り解決が難しいんです。

  • 会社にいても解決しない
  • 同僚にグチっても一瞬スッキリするだけ
  • 飲んでも会話が仕事のグチになりがち
  • グチってばかりの自分もイヤ

仕事が頭から離れるどころか、常に考えている状態……深みにハマっていきますね。

「そうそう!」と理解し、笑いあえるのも良いのですが、根本的な解決にならないんです。

仕事は減ることないし、多分増える一方。
できることが増えれば、頼られて……頼られれば、それはそれで嬉しいから、頑張る。でも一方で、自分の時間がなくなり消耗していく…………。

これの繰り返し。

なので、平日でも休日でも、週に1日 2時間~3時間まったく違う環境に身を置くことをオススメします。

忙しい時は、なかなか難しいと思います。
でも、この時間を結婚式くらいの予定で扱ってもいいと思うんです。

結婚式に呼ばれたら、よほどのことがない限り行きますよね?

私が「仕事と関係ない環境」に選んだ習い事はダンスです。
32歳の転職をきっかけにはじめました。

転職先の面接で、働く条件に「週1日だけ18時に帰宅したい」とお願いしたんです。

OKがもらえました。
仕事に消耗していた頃に面接をしたので、OKがもらえなかったらその会社は入社しなかったと思います。

このくらい強気に自分の時間確保する努力はしてもいいと思っています。

習い事をはじめるメリット

一週間に一日、定時より1時間早く退社したからって、仕事に悪影響が出るとは限りません。

逆にメリットの方が多い気がしています。

  • 仕事を効率化するようになる
  • 仕事を抱え込みすぎないようになる
  • 無駄な残業をしない
  • 習い事(自分の事)のために動くようになる
  • 自分の人生の時間ができる

憂鬱でモヤモヤイライラだった毎日が「この日までに終わらせなきゃ!」と前向きに。仕事にも、自分に対しても、計画的に考えられるようになります。

明日のこの時間までに終わらせる!という目標ができ、仕事を前倒し。
仕事を前倒しできるようスキルもUP。
仕事のためでもあるし、自分のためにもなる。

あと、ちゃんと時間作れる人の方が「仕事できる人感」ありません?
私は、できる事ならそっちのステージにいきたい……と思うようになりました。

仕事は辛いまま、大変なまま変わりませんが、向き合い方が少し変わると気持ちにも変化が出ます。

あれです。
相手を変えたいなら、まず自分から変えよう。←これに近い感じですかね。

ちょっと長い体験談

仕事がつらかった当時の私はこんな感じでした。

WEBデザインを担当していた頃の話

WEBの知識がギリギリだったので、早く追いつこうと仕事と勉強が同時進行でした。
社内でWEBとグラフィックデザイナーの割合が、2:8だったため、WEB案件の稼働率が結構スゴかった。なので、早く覚えなきゃ!と焦っている頃です。

「こんな動きをサイトに追加できる?」という質問に
「それはできません。」と言えなかったんですね。(全部ではありませんが)

やってもやっても終わらない……ほぼ終電帰り。
家が遠いから、終電で帰って出社するより会社で寝たほうが寝れる……。
そのうち2日間会社に泊まり、3日目に帰宅し4日目の朝定時に出社するようになります。
土日は、翌週定時に帰れるようにするため出社して仕事を進めますが、終わらず……再び、2日間会社に泊まり……という生活を送るようになりました。

ストレスはMAXに。

今はコロナの為できませんが、飲みに行ったり、カラオケに行ったり、同僚に話しをしたり……と発散していたと思うんですが……ストレスは溜まったまま。

理由と改善策と積極的に話して行動できたらよかったと、今では思います。

私を近くで見ていた同僚は、みんな優しく心配や労いの言葉をかけてくれました。
上司も、「そのままじゃ倒れちゃうよー」「死んじゃうよー」と声をかけてくれます。

でも実際には担当する仕事の状況は変わりません。

メンタルがやられる前も十分キツイ

そのうち、あるプロジェクトの帰り道。
何度も通った道なのに方向が分からなくなり、近くのお店で「駅はどっちですか?」と聞いたことがあります。

その時「あーやばいなー」と感じました。

数ヶ月後、私は会社を辞めます。数年後この会社はなくなりました。

「仕事が辛くて、メンタルがやられる」ってよく聞きます。
やられてしまった後は、たくさん休息をとってほしいと心から思います。

ただ、メンタルがやられかけ中 ← こっちも結構つらいですよね。
こんな時は待ってても、誰も助けてくれない、助けられないことがほとんど。

人不足だったり、予算不足だったり……もありますしね。理由もさまざま。

だから自分でなんとかするしかないんです。

意識的に自分の時間を作るように

「自分でなんとかするしかないんだな。」と悟った私は「好きなことをしよう!」と考えます。

好きなことを探して出てきたのは音楽でした。
音楽を聴きながら踊るのはずっと昔から好きで「わーっ!」とはしゃぐのが楽しかったことを思い出します。(踊るといっても子供のお遊戯レベル)

大きな声を出す「歌」や、ジムで「カラダを動かす」もよかったけど、

「もしも、音楽にあわせて踊れるようになったら楽しいだろうなー。」

と、筋肉ゼロ!体力ゼロ!のままスクールに飛び込み今に至ります。
結構勇気が入りましたが、なんだかんだもうすぐ10年経ちます。
まだ、まともに踊れません 笑

完全に仕事を忘れている瞬間

週1のレッスン中、ダンスの振り付けを覚える時、完全にOFFになります。
ステップを覚えないと動けないし、ついていけないのでものすっごい集中します。

カラダを動かしながら頭も使うので、仕事のことなんか一切入る隙間なしです!

これがとってもイイ!

完全に仕事を忘れている瞬間です。
何をしていても忘れられなかったのに、できました。

仕事の切り替え「ON」と「OFF」の「OFF」ってこれかー!とはじめて分かりました。

最後に

仕事の息抜きには、完全に仕事を忘れる時間が必要だと思います。

矛盾しますが、そもそも仕事は頭から離れないものと私は思っています。
なので、なかなか完全に忘れるのは難しいです。フリーランスになった今は本当によく思います。逆に全て仕事につなげたいくらい。

仕事は、辛くて、しんどくて、大変。←これはずっと変わってくれないこと。
だから、楽しいことで一瞬でもいいから仕事を忘れる時間を作る
そして、脳ミソを仕事だけの毎日にしないことが、息抜きに繋がるのかなと思っています。

デザイナーは、楽しいところからヒントやアイディアも出てきそうですし、仕事にも繋がっていきそうな気がしませんか? 楽しいことを仕事につなげられたら、その仕事が大変でもモチベーションになるかもしれません!

今回は、仕事の息抜きに「習い事」をご紹介しました。
私の場合ですが、気になっている習い事があったら是非申し込みを!
きっと楽しいハズ。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました