Photoshopを使って写真の一部を修正する方法

Photoshop

例えば、二人並んで写っている写真が何枚かあるとします。一人は目を開けていて、一人は目を閉じていて、こっちは開けてるのに、こっちは閉じてる……。

あ”ー!
この部分切り取って合成したい!!

ってなる時が、結構あるんですよね。

そんな時は、ちょうど良い具合の写真を数枚Photoshopで開いて合成!

今回、2枚の写真を使って画像を修正した時の方法を動画にしました。

この動画で紹介していること
  • 画像補正に使うツール
  • マスクの方法
  • 色調補正の種類
こんな方にオススメ
  • なりたてデザイナー
  • デザインを勉強中の方
  • 画像補正の方法を知りたい方
  • Photoshop少しわかる方


よろしければご覧ください!

Photoshop|フォトショップを使って写真の一部を修正する方法【画像補正・マスク・色調補正】
Photoshopを使って写真の一部を修正する方法

動画の補足として記事にしました。

Step1:使いたい部分を切り取る

今回気になった場所は、カップの取っ手の向き。
なので、理想的な向きをしている写真を探し、部分的に切り取ります。

使うツール
  • なげなわツール / ショートカット(L)
手順
  1. なげなわツールで使いたいところをなぞり、コピー(⌘ + C)します。
  2. 合成したい写真にペースト(⌘ + V)
なげなわツールを選択したまま「Option」または「Shift」を押すと
カーソルのアイコンが変わり選択範囲の変更が自由にできます。

Step2:元の画像に大きさを合わせる

コピーした画像を下の画像のサイズに近づけていきます。
今回は、カップの取っ手タグを別々で処理しました。

使うツール
  • 移動ツール / ショートカット(V)
  • 自由変形/ ⌘(コマンド) + T
手順
  1. コピーした画像の透明度を下げます。下の画像が見えればなんでもOK。例えば「乗算」など写真によって変えます。
  2. コピーした画像を選択し ツールバー > 編集 > 自由変形 または ⌘+T
  3. shift を押しながら(縦横比が変わらないようにするため)大きさを合わせます。

Step3:マスクをかける

ここで必要なのは、「取っ手の部分」と取っ手下の「タグ」。
必要なところ以外消していきます。残こす場合もありますが、必要最小限の修正にした方が仕上がりはキレイだと思います。

使用ツール
  • ブラシツール / ショートカット(B)
手順
  1. ツールバー 描画色背景色黒と白にセットしておく。
    左上の小さいアイコンをクリックすると変わります。
  2. Step2でレイヤーの透明度を変更したので、ここで元に戻します。
  3. コピーしてきた画像を選択し、レイヤーパネル下にあるアイコン(ベクトルマスクを追加) をクリック。
  4. 3でできたマスク(レイヤーマスクサムネール)をクリックし選択した状態にします。
  5. カーソルをブラシツール(B)に変更。
  6. 消したい箇所をブラシでなぞります。
    描画色 → 黒 = 消える / 描画色 → 白 = 元に戻る
左上の黒白アイコンクリックすると描画色・背景色がリセットされます
矢印をクリックすると描画色・背景色が入れ替わります
マスクをつけたいレイヤーを選択し、下のアイコンをクリック
マスクがつきました
上にある丸いブラシがオススメです
消したいところをブラシでなぞります

やり直しがきくので、恐れずに。
詳しい方法は動画をご覧ください。

Step4:画像統合して色調補正

最後、全体の色調を変更します。

普段使用している色調補正の種類
  • レベル補正 / ショートカット(⌘ + L)
  • トーンカーブ/ ショートカット(⌘ + M)
  • 色相・彩度/ ショートカット(⌘ + U)
  • カラーバランス/ ショートカット(⌘ + B)


写真の色合いや、表現したいイメージに合わせて数値を変更していきます。

レベル補正
色相・彩度
カラーバランス

写真に直接補正していく場合と、一つのレイヤーとして補正をつける方法があります。
レイヤー別は修正が何度もできます。仕事で使用するときは、修正しやすいレイヤー別で色調補正をしておくと便利です◎

レイヤー下のアイコンをクリックし追加したい色調補正を選択します。
レイヤーに色調補正のレイヤーが追加されました

最後、光の加減や微妙なズレなどを確認します。
今回は、仕事ではなく、個人のInstagram用の写真なので適当なところで終わりにしました。

ブラシツールを使う時のポイント

ここでポイント。
ブラシツールを使うとき覚えたら便利なものをご紹介します。

〈ツールの直径を変更〉
オプション + コントロール
これを押しながら、カーソルを横にドラッグ

〈ツールの直径の硬さを変更〉
オプション + コントロール
これを押しながら、カーソルを縦にドラッグ
※硬さ = 境界線のボケ具合です。

こちらの記事でも紹介していますが本当に便利です。

最後に

毎日ではありませんが、スタイリングの練習として、いつもより丁寧に準備した朝ごはんを撮影するようになりました。

今更「食事を食べる前に撮る」ブームが
きてます。

とわいえ、朝の限られた時間でパパッと済ませるので、撮り直したいケド撮り直せないことがほとんど。今回のような、ちょっとしたところの修正からPhotoshopの練習をするのも良さそうだなーと思っています。

以上、Photoshopでちょっとしたところを修正する方法でした。
それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました