おしゃれなフォントの組み合わせを映画から学ぼう!

デザインのスキルUP

はじめに

こんにちは。

今回ご紹介するのは
個人的に好きな文字の組み合わせです。

これは昔見た映画の中で
使われている文字の組み合わせが
とっても素敵で、今でも好きなものです。

映画からもデザインの
ヒントになることがたくさんあります。

いいと思ったものは
マネをして自分の中で消化し
オリジナルに変化させていくのは
いいことだと思っています。

今回は

  • 組み合わせているフォントの種類
  • 組み合わせのポイント
  • 組み合わせのアレンジ

をご紹介していきます。

それではどーぞ!

ゴシック体×筆記体を合わせる

映画のエンディングを見て
「ステキ♡」と感じてから
使ってもおかしくない案件の時に試している
文字の組み合わせです。

使用フォント:BodegaSans Black・Shelby

参考にした映画『3人のエンジェル
監督:ビーバン・キドロン
出演
パトリック・スウェイジ, ウェズリー・スナイプス, ジョン・レグイザモ, ストッカード・チャニング, ブライス・ダナー

【ざっくりあらすじ】
 寂れた場所に、このド派手な3人(ドラッグクイーン♡)が行った後
 3人の周りの人たちが、どんどん元気になっていくお話。

最後、エンディングを見た時に
出てきた文字のデザインが
印象に残っていて
今でも忘れていない映画なんです。
ジャケットもオシャーン

この「文字の組み合わせ」のポイント

ポイントその1

ざっくり言うと
真面目さん × 自由人

真面目さん=ゴシック体や明朝体でカッチリしているフォント。
自由人=筆記体や手書き感のあるフォント。

正反対なイメージの2つを組み合わせた方が
メリハリついて映えそうです。

ポイントその2

色のコントラストはハッキリ目が◎
同系色でも、メリハリをつけた方が
オススメです。

映画に出てくる文字デザイン

ポスター、ジャケットのデザインは
もちろんですが、文字に関して言えば
映画は、タイトルも
オープニングもエンディングも
面白いと思っています。

エンディングの
キャスト・関係者の名前の入り方・・
なんかも見ちゃいます。

モンスターズ・インク
シャーロックホームズ
・・・マーベルシリーズとか
すっごい凝っていて好きです。

書体をアレンジ

使用フォント:Essonnes Display Regular・Renata Regular

他違う書体でも作ってみました。

いかがでしょうか?

今回改めて、好きだった映画のジャケットをみて
似たようなフォントを探して作りました。
私自身、1つネタが増えました。

何か制作のヒントになったら幸いです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました