フォトスタイリング練習|文房具を使ってクリスマスアレンジ

スタイリング練習

こんにちは。

今週はスタイリング撮影が2日間続いたこともあって、なんだか脳内がスタイリングモード。

なので、今回は文房具を使って

  • フォトスタイリングをやってみた結果
  • スタイリング時の調整ポイント
  • Photoshopでの画像処理

などを備忘録としてまとめました。

それではどーぞ!

使用アイテム

スタイリングの文房具はこちら。

  • 能率 NOLTY ノート A5 アシンメトリー グレー NTBNT1102
  • ZEBRA MILDLINER Brush(ゼブラ マイルドライナー
  • uniball signo(ユニボール シグノ) 太字
  • Mt マスキングテープ
  • 背景素材の白いファー

今は無印手帳を使っています。
次は自作でカスタムしてみよう!と手帳ではなく、ノートにしました。

フォトスタイリングをやってみた結果

動きがあって楽しい感じをイメージして、レイアウトした結果がこちら。

少し調整します。

調整ポイント1

キャップの向きと、ペンの持つところ・・
ボディ部分の文字を揃えた方がキレイに見えました。

調整ポイント2

ただ並べただけでも、かわいいマスキングテープですが
色の位置関係によって印象が変わって見えました。

例えばこちら↓

上の画像よりも動きを少しプラスしてみます。

マスキングテープの間隔もだいたい同じくらいです。

もう少し動きを出してみます。

下に濃いめの色がくると、重心が下の方に感じます。

意図的に下が重い印象にしたい場合は、濃い色でOKな気がします。

今回はなんでもないので、真ん中に明るい色を置いて上も下も同じような感じ?!になるようにしました。

完成版

Before・Afterも並べてみます。
あんまり変わらないけど。

次!

クリスマス風にアレンジ

先ほどのノーマルスタイリングにクリスマスっぽいアイテムを追加して、違う印象のスタイリングをしてみます。

まずは追加アイテムから。

追加アイテム

背景が白いファーなので雪化粧しているアイテムを合わせて、コントラストが少なめになるようにしました。

周りのアイテムがカラフルだと、文房具が目立たなそうだったので。

追加してスタイリングしたのがこちら。

ノートを中心に囲うようにレイアウトしていきました。

調整ポイント1

Before

ペンの向き、付箋の上にかかるモミの木スターアニスの見え方・・など微調整したポイントがこちら

完成版

Before・Afterとこちらもあまり変わらないけど、細部を気にする感覚は忘れないでいたいなと。

Photoshopでの画像処理

画像は全てスマホ撮影です。
元画像は暗いためPhotoshopで色調補正をしました。

Photoshopの色調補正は慣れないと難しいです。

上の画像を元に一部の数値を書いておきます。

  1. 各効果のレイヤーです
  2. アイコンを押すと色調補正に関係する
    効果のパネルが開きます。
  3. 各効果を選択すると調整ができます。
  • カラーバランス
    階調/ハイライト +10
  • 明るさ・コントラスト
    明るさ 30 / コントラスト 8
  • 色相・彩度
    マスター / 彩度 +10・明度 +10
    イエロー / 彩度 +15
    グリーン / 彩度 +20
    マゼンダ / 彩度 +20

他、トーンカーブレベル補正で画像の明るさを調整しています。
この数値は画像次第で大きく変わるので省きます。

個人的オススメは、カラーバランス色相・彩度
これはとっても変化するから面白くて好きです。

今回使用していませんが、特定色域の選択も細かく色が変えられるのでオススメです。

それでは、良いクリスマスを〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました